元気の出る映画特集トップページ


ベスト・キッド


元気の出る映画特集 この作品も元気出ますよねぇ。
原題は「Karate Kid」だったと思うんですけど邦題は「ベスト・キッド」。
わざわざ変える必要あるんですかねぇ。「カラテ・キッド」でいいと思う< んですけど・・・。
監督は「ロッキー」のジョン・G・アビルドセン。主演はラルフ・マッチオ 共演の師匠役がノリユキ"パット"モリタです。< さてさてストーリーは・・・
コブラ会っていう道場の師範は 「空手は強ければいい。勝つためには手段を選ぶな。勝てばそれでいい」 って感じのちょっと片寄った考えをしてる師範。
コブラ会って命名がいかにも悪役って感じでいいですよね。 その道場の門下生達にいじめられてる いじめられっ子の青年ダニエル(ラルフ・マッチオ)。
そんな中、ダニエルは偶然知り合った一見さえない空手の達人 ミヤギ「ノリユキ"パット"モリタ」と知り合い、空手を教えて欲しいと 懇願します。
願いが叶い、ミヤギから指導を受けますが、その指導方法は 空手とは思えないつまらない方法ばかり。来る日も来る日も言い渡される つまらない指導に頭に来てミヤギに反発するダニエル。 しかし実は、そんな奇想天外な方法の反復により、 空手の基礎を身につけていたことを知ります。
ついにはコブラ会も参加する空手大会に出場、 見事リベンジを果たすというものです。
こんな感じの単純なスポーツ作品なのですが・・・・
さすがアビルドセン監督。独特の手法で見事 感動ものに仕上げています。ダニエルがミヤギから受ける空手の 指導はまさに「日々の生活は全て武道に通じているのだ」というもので・・・・。 でもそれが立派な空手の訓練になっていたってオチは痛快でした。 最も好きなのはクライマックス。最大の苦境に立たされたダニエルが 師匠であるミヤギと目が合うところがあるんですけど、 ミヤギの演技が圧巻。ミヤギが弟子であるダニエルを信じているって 事は当然なんですが、演技的には厳しい表情でこれを表現するんです。 この時のミヤギの目の演技、ここがかなり渋くて好きなんですよねぇ。 ベスト・キッド2 [DVD]ベスト・キッド3 最後の挑戦 [DVD] 、後のミリオンダラー・ベイビー [DVD]フリーダム・ライターズ [DVD]P.S.アイラヴユー [DVD] の主演女優ヒラリー・スワンクが空手のヒロインを演じた The Next Karate Kid (ベスト・キッド4)もありますが、私はやっぱり1作目が好きですね。
ロッキ−観ててこちらを観て無い人もいるのでは・・・?
ロッキーに感動出来るならこの作品も感動間違いなしです。
それにしてもラルフ・マッチオは何処へ・・・


inserted by FC2 system