元気の出る映画特集トップページ


ナイト・オブ・ザ・リビングデッド


元気の出る映画特集 ゾンビの生みの親、ジョージ・A・ロメロ監督の初期のモノクロ「ゾンビ」。言うまでもなく元祖スプラッター系 ホラ−作品です。
しかし・・・・・モノクロだからといって侮っては いけません。モノクロだからこそカラーよりかえって想像が膨らんで怖いところがある位の完成度の高い作品です。
ストーリーも現実的で緻密、演技、カメラワーク含めて全てがしっかりとしてるパニック映画なので、物語性もあり、 リアリティもあります。悲惨なのはこの作品の主人公、主人公だと思ってた人が途中で 死んでしまったり・・・・とにかく悲惨・・・・これは観てのお楽しみ!
最後の最後はホントにこんなエンディングよく考えついたなと 言いたくなるところがある位秀逸で、観てて映画に共感し哀しくなります。
こんな秀逸なゾンビ映画のラストを見たことがありません。理由はご覧になれば分かるかと思います。 実際にゾンビがこの世に実在したとして 人間がバニックに堕ちいったら、こんな感じになるんだろうなぁって ところがクオリティ高く忠実に映像化されているところが第一作目のゾンビ映画なのですから、 かなり高いハードルからゾンビ映画はスタートしたのだなと思わざるを得ません。
人生辛いこともいろいろありますが、この作品で最後まで登場する主人公よりは かなりましです。そう思えば、まだまだヘコたれてる場合じゃなって思える作品です。


inserted by FC2 system