元気の出る映画特集トップページ


ランボー


元気の出る映画特集 ランボー・・・・好きですねぇ。大好きな1本です。
トラウトマン大佐役のリチャード・クレンナもいい味出してました。
ランボーの関係も男と男、絶妙なスタンスで描いていますしね。
さてさてストーリーは・・・・
ベトナムからの帰還兵、最強のグリーンベレーだったランボーが ベトナム時代の自分同様、唯一の生き残りである友人を尋ねようと山間の街に訪れ、 その友人がベトナム時代の枯れ葉剤の後遺症ですでに死んでいることを知ります。
そんな傷心のランボーに追い討ちをかけるように、山間の町の地方警察は 「怪しいよそ者」という理由だけで監獄に入れ、強引かつ不合理な尋問。
ついにランボーの怒りが爆発します。自分の正当な主張が、警察には 通用しない・・・・そう悟ったランボーはたった1人での闘いを決意します。
暴力には暴力でしか対抗出来ないランボー・・・・そんなところが 心を打ちます。そこからのランボーの強さは半端ありません。
たった一人のランボー相手についに州警察まで総動員で出動。
さてさて、ランボーは自分の闘いにどんな答えを見つけるのでしょうか・・・
戦争がもたらす哀しさをスタロ−ン独自の視点で見事に描いています。
ちなみにこの作品の原題は「FIRST BLOOD」(どっちが先に仕掛けたか) という感じの意味らしいてす。2作目以降は原題も 「RAMBO」になっているのですが、これは日本公開の際に日本側が邦題として 「ランボー」つてつけたらしくて、それをスタロ−ン自身が気に入って
2作目からは原題も「RAMBO」にしたって話を聞きました。
後に続くランボーシリーズの原点として観ておかなくてはならない作品です。
同時期、映画界にはシュワちゃんがとてつもなく強い元兵士役を演じた コマンドー<ディレクターズ・カット> [DVD]があったのですが、その強さの描き方が 違っていてそれぞれ見応えがあります。簡単に言ってしまえば、ランボーは人間的、シュワちゃんは 超人的なんですけどね。とはいえいずれにせよ強いものは強い!


inserted by FC2 system