元気の出る映画特集トップページ


ロッキー5 最後のドラマ


元気の出る映画特集 1作目から4作目まで、絶妙の脚本で感動を与えてくれたロッキーシリーズ。
しかし、この5作目はどんなものでしょうか・・・・・・・・・ この作品の頃のスタローンは、俳優として一時の上昇気流からはかなり 減速し、推測ですが、多分いろいろな面で壁があったんでしょうね。
そこで「原点に戻る」って意味で、あえてロッキーを破産させ、 スラム街に戻して、ハングリ−精神を復活させようとしたのでしょうが・・・
観てるこちらとしては、ロッキー4であれだけの大偉業を成し遂げたにも 関わらず、今度はこんな試練か・・・・とあまりのギャップに ダメージが大き過ぎて物語にのめり込めないし、あえてポーリーに そんなヘマをやらかした描写なんぞ作らず(ポーリーが可哀想で) 大半の財産を失うと言ったこんな大きなギャップを作らなくても良かったと思うんですよね。 ロッキー3では引退していたアポロは自宅のプールで 犬と泳いでいたりと元世界チャンピオンとしてその後も悠々自適でしたからねぇ。
スタローンが原点に戻るとは言え、あくまでスタローンはスタローン、ロッキーはロッキーで、 ロッキーを演じるのはスタロ−ンではあってもスタローン=ロッキーではないですから。 私は個人的にこういう公私混同?は好きではないです。 ゆえに感想もあえて書きませんが、あらためて観ると また違った感想があるのかも知れませんね。


inserted by FC2 system